smtwtfs
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
sponsored links
profile
photo album
new entries
categories
archives
recent comment
links
mobile
qrcode
others
みんなのブログポータル JUGEM
<< ただいま | main | おまけ☆東京珍道中 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手はこちらからどうぞ

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

532公演目

Endless SHOCK 1/28 532公演目(中止公演はノーカウント)

心配してた『終わったあとの寂しさ』みたいなものは全然なくて、
今はただ、すごく前向きな気持ちです。

自分の中で満足した結果なのかなって思います。




チケット譲ってくれた方とその娘さん(中学生と高校生)と会場入り。
その方は今回が2回目の観劇で、娘さんたちは初めてだそう。

S席を2枚、A席を2枚お持ちで、
『中学生の娘が大倉ファンだから、少しでも前で応援してあげてね』
というありがたいお言葉をかけていただき、S席で観劇しました。

席は2階席、舞台に向かって左側
事前に『左側に大倉くんがいっぱい来るよ』って聞いてたんだけど、
始まってみるとホントに左にいる確率が高い!!

席に着いてこれ↓を見た瞬間、鳥肌たった(笑
080128_174904.jpg

そしてSHOWが始まって、コウイチの登場。
まだオオクラが登場してないのに、
『諦めかけてた舞台を見れた喜び』
『いろんな人への感謝』
『久しぶりに会う忠義へのドキドキ』
『レンジャで書いてたお母さんのこと』
『メンバーから離れての未知の世界への挑戦』
いろんなことが込み上げてきて、この時点ですでにウルウルポロリ

そして待ちに待ったオオクラの登場。
涙腺崩壊〜雷

あ゛ーーーーかっこいいよおーーーー!!!!

まずは左側の客席前に登場して、ごあいさつ。
若干噛み気味(笑
舞台中央に向かって歩いて、お客さんにどこから来たのか尋ねてました。
栃木からのお客さんらしく、
『栃木ですか!それはまたずいぶん遠いところからニューヨークへいらっしゃいましたね♪』
なんてことを言ってました。
そこで会場内のお客さんが笑って、ほんわかした雰囲気に。


カンパニーの打ち上げ場面で、ダンサー達からイジられるオオクラオーナー。
やっぱりキミはそういう役どころがお似合いです!
計算機もって登場して、
「今日はオーナーのおごりってことで!」
みたいに言われ、
「いくらかかってると思ってるんだ」
と抵抗するけど、まんまと払う羽目に、、、。
最後にはヘルメットまで被らされてた(笑
ここでは、普段のモソモソした話し方とは違って、
早口でセリフも多いから声が少し高くなってて、またかわいいのラブ


ダンスシーンはやっぱり過去最高に踊ってた。
コウイチやMAと並ぶと、『まだまだだな、、、』っていうのは感じるけど、
∞と比べるとそりゃもうスゴイよ!(爆
指先まで気抜いてないし、よくこんなレベルの高いダンス覚えたなぁって感心。
ダンスは敵わないけど、オオクラは手足が長くてタッパがあるし
なんといっても痩せたから(←ここ重要)舞台映えはナンバー1ですぴかぴか


ソロで歌うところもあるけど、声の通りが苦しそうだったな。
それでも、「前回みたときより声出てた」って言ってたから、
日々成長してるみたいです。
大舞台で堂々とソロを歌う場面は感慨深いものがありました。
すっごい輝いてたものポロリ


オフブロードウェイの屋上のシーン
オオクラ、コウイチ、リカ、ヤラが並んで歌ってるんだけど、
ここでオオクラが目の前の位置で歌ってくれました。
(数十メートルの距離はあるけど)
双眼鏡で覗いてるからさ、変な錯覚おこしてドキドキたらーっ
心臓とまるかとおもたよ・・・


ビリーズブートキャンプ
コウイチ、オオクラ、マチダ、ヨネハナが顔の前で手をぐるぐる回す動き
オオクラだけ外回り!
しかも回すスピードが遅い(笑
コウイチに指摘され、いざ内回りにチャレンジ!


・・・やっぱり内回りができないみたいです。

相変わらずどんくさい

けっこー長い時間やってたから、
「つるつる!!」「無理!!」
ってギブアップorz

てか、なんで内回りできないの?(素朴な疑問)

そのあと(たしか)、コウイチが持っていたステッキをオオクラに投げる
投げるというより、投げつける(爆
どんくさいオオクラ(←愛ある毒舌)はもちろんキャッチできるはずもなく、
コウイチに「ちゃんと取れよ!」的なことを言われる。
投げつけられておびえるオオクラに激萌えラブ
2回ほど投げつけられて、コウイチが今度はマチダかヨネハナ(記憶が曖昧)に投げる。
ちゃんと相手がキャッチできるように投げるコウイチ。
そのあと、またオオクラへ。
やっぱり投げつけられて、マチダとヨネハナを指さし「ちがう!!><」と
コウイチに訴える。

この場面はお隣の娘さんと「かわいー」を乱発。
中学生に「かわいい」と言われる、大倉忠義 22歳。
カンパニーからも、かわいがられてるみたいで、なによりだわ♪


噂のピンクスーツ
正直なところ、似合ってるんだか、似合ってないんだかわかんねー(汗
コウイチに「しゃけ」とか「しゃけ野郎」とか言われてた。


コウイチに大勢の記者が詰め寄る場面
オオクラは一度は記者に後ろの方に追いやられるんだけど、
コウイチを守るためにそれをかき分けて前に行こうとします。
けど、なかなか前に行けず・・・
オオクラはカメラマンさんにちょっかい出されてました。
というか、じゃれあってた?
そこは『オオクラ』じゃなくて、『たっちょん』として素で笑ってたように見えた。
すっごくさりげないことだけど、
舞台上で他のメンバーとの仲の良さがみれて嬉しかった。
ホントにかわいがってもらってるんだね(涙

和太鼓を叩く場面
このときの衣装最高なんですわラブラブ
袖がない衣装だから、たくましい二の腕がたまりませんの♪
でも太鼓はたんたんと叩いてるから、なんか物足りなーい。
やっぱりコンサートであんだけ激しく叩いてるの見てるからだと思うけど。


白のブルゾンにジーンズのシーンがあったんだけど、
舞台に対して横になったときに、ちょっと猫背なのがわかった。
というか踊ってるとき以外は基本いつもの猫背。
ここはぜひ直したほうが見栄えすると思うよ。
んーでも、立ち方でオンとオフの切替をしてるのかな〜?
でもそんな風には見えなかったような・・・
ジーンズもいいんですよ♪
おしりからふとももがラインがラブ

オオクラが舞台奥で、なにかに腰掛けて笑ってるシーンがあるんだけど
そのときに顔にかかった前髪を直す手の仕草がいつもの忠ちゃんなの♪
いつもの癖がでるような余裕もでてきたってことかな?
これを見た瞬間、素の『大倉忠義』が垣間見れた気がして、
心の中で「んふふ♪」と笑ってしまった。
これをねぇさんにも言ったら、同じこと思ってたみたい(笑


白のスーツを着て踊ってる姿は童話の王子様そのものぴかぴかぴかぴか
肩のでたドレスを着た女性ダンサーと踊るシーンでは、
けっこー体に触れるから、
『あの子、初めてのリハのときにドキドキしたのかしら?イヒヒ
ってムダに母親目線で見てたり。


最後にカンパニー全員が揃い歌う場面。
前髪がお顔にかかってたのが残念だったけど、
目にはうっすらと涙が浮かんでるようにみえた。
グッとこらえて一生懸命歌ってた。
そして涙腺崩壊パート
てかストーリーが感動的ですのよ!

SHOWが終わり、出演者が次々登場し一礼。
「オオクラはいつ出るのかな〜?」って思ってたら、
座長の前でした(笑
ヤラを差し置いていいのか・・・
でも、そのときの表情がやりきった感があって清々しい。

そしてコウイチ登場。
そのときにオオクラがコウイチに向けた手がすごく優雅でした。
ホントに雰囲気のある子ですなぁ(しみじみ)



オオクラが舞台へ登場してしまうと、一瞬も見逃したくないから
ずーっと双眼鏡で追ってしまう。

ホントは舞台全体を見たほうが楽しめると思う。
芸が細かいし、ダンサーさんも素晴らしい。

ここにはオオクラのとこしか書いてないけど、
コウイチのフライング、ヤラのダンスのクオリティの高さ、
衣装や舞台の豪華さ、ストーリーのメッセージ性、
SHOWとして最高のものを観させてもらいました。

残りの公演も全力で走り続けてください。

オオクラがきっかけで、また素晴らしいものに出会えたことに感謝します。

web拍手はこちらからどうぞ

at 22:54, SAIKA, Endless SHOCK 2008

comments(0), -, pookmark

スポンサーサイト

web拍手はこちらからどうぞ

at 22:54, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment